足コキは物凄く奥が深い

何事も極めるということは物凄く難しいことです。そして、どんなジャンル、どんなものでも極めたときの凄さは拍手物です。極めたのかは微妙なところですが、タンバリン芸人として有名な方は最たる例ではないでしょうか。
極めたこそ、面白いのであり、あれを中途半端にやられてしまったら、ただのつまらないタンバリン使いで痛い人とレッテルを張られるでしょう。そもそも、ここまでの認知度にならないと言えます。そうなんです、何事も極めることが大事なのです。エロの世界でも足コキというジャンルがありますが、一言で足コキと言っても奥の深さに驚かされます。
風俗嬢たちは最前線で働きながらも、日々進化する足コキを体験しているという声も聞こえるほどです。そんな足コキに焦点を当てていきたいと思います。

ashi

◆ノーマルな足コキ
スタンダードな足コキは、やはり男性が仰向けに寝、風俗嬢が足の裏で擦ったり、両足の裏で男性性器を挟み込み上下に動かしてシゴくといった形になります。意外に重労働らしく、慣れないと長時間のプレイは難しいという悩みもあるようです。
どちらかと言うと、ノーマルな足コキでも擦る方が、まだやりやすいようです。後者のシゴく方法は、男性客がフィニッシュを迎えそうなときに、風俗嬢が疲れてしまいフィニッシュに至らずということがよくあるようです。もし、それが嫌だと思う方は、風俗嬢の足を持って上げるなど少しでもよいのでサポートして上げるとよいかもしれません。最近は秋葉原 風俗などで専門店もあるようです。

◆人それぞれツボは違う
先に書いたノーマルな足コキでも、足の裏でシゴくのか?それとも擦るのか?というツボの違いがあります。もっと細かく見ていくと、男性客1人1人でツボが違うことが当たり前の世界となっています。このツボの違いは、実は風俗嬢にもあるのです。要は、得意な足コキプレイと不得意な足コキプレイがあるということです。ですので、もし強いこだわりが足コキに対して思っているのであれば、そういった趣向と合致する風俗嬢を探すとよいかもしれません。中々、見つかるものではないので、ハードルは高いですが。

◆足と言っても様々な種類がある
さらに、足コキと言うと、ノーマルな足コキを思い浮かべるかと思います。マニアたちは、足という一括りを非常に嫌います。足は足でも、太ももと足の裏では部位が異なるといったようなイメージです。ですので、太ももに擦り付けるのも足コキと言えば足コキです。この種類の豊富さも足コキの魅力かもしれませんね。

 

足コキを楽しむためには体勢も重要

私は、幾度もなくぎっくり腰をやってしまい、日々辛い思いをしています。これは、さまざまな要因がありますが、1つに「体勢が悪い」「姿勢が悪い」といったことを指摘されたことがあります。確かに、私は姿勢が悪く、常に猫背状態となっているため、腰に負担が掛かっています。椅子に座るときにも、非常に浅く座ってしまうため、負担をかけているわけです。治そう治そうと思っていても、悪癖がそうも簡単に治るはずもなく今に至っています。一応は、最近は腰を意識して筋トレ・ストレッチなどをして負担を少しでも軽くなるようにしています。さて、私のぎっくり腰談話が長くなってしまいましたが、風俗で遊ぶとき「足コキ」ができるのは周知の事実です。ですが、さまざまなな足コキがあるなか、体勢を意識したことがありますか?基本的な部分もありますが、少し振返ってみましょう。

◆風俗嬢が主導の場合
ノーマルタイプの足コキといったところでしょうか。男性客側が仰向けに寝転がって、そして風俗嬢は寝転がっている男性客の性器を弄ぶという状態になるので、風俗嬢からが立ってでのプレイであれば見下ろされる状況になり。座っていれば視線は下がるものの、それでも立っているときと同様、見下ろされることになります。体勢について言葉で説明するのは非常に難しいのですが、アダルト動画でよくみる体勢といったところでしょうか。

◆男性客が主導の場合
基本的に足コキのサービスを受けるときというのは、男性側が受け身になるため風俗嬢が主導になることがほとんどです。
したがって、男性客側が主導というのは、イコールでマニアックなプレイと言えることができます。例えば、風俗嬢の膝裏を使ったプレイや、うつ伏せに寝させ、足と言う足の部位に擦り付ける足コキプレイなどさまざまです。

◆それでもやっぱり風俗嬢が攻める側
先にも書きましたが、やはり足コキプレイは男性客が受け身になることが多いです。したがって、Sっ気のある風俗嬢に当たると、ぐいぐいと攻めてくれるプレイでもあります。何が言いたいかといいますと、本プレイはM男の方にとっては相性のよいプレイということです。もちろん、Mっ気の強い風俗嬢が「えっ?いいの?」的に戸惑いながらする足コキに興奮するような男性客も見えるかとは思います。ともあれ、体勢1つとっても千差万別の足コキプレイ。追求すれば追求するほど、素晴らしいプレイがどんどんと生まれるかもしれませんね。もし興味があるのであれば、積極的に風俗嬢と遊んでみるとよいかもしれません。

 

足コキの種別はいろいろとある

同じ種類でも角度を変えれば全く別物になる。そんな現象は世の中にはたくさんあります。私が例として挙げたいのは映画「タイタニック」です。名作中の名作と名高い映画で知名度も高いと思われます。私も僭越ながら鑑賞させてもらいましたが、確かに面白い映画だと思います。ディカプリオの恋愛物語もよいですが、角度を変えても素晴らしい作品が出来上がるのではないのか?と思うほどのエピソードが散りばめられているからです。例えば、恋愛繋がりでいけば、沈没するなかベッドの上で抱き合い最後を共にする老夫婦に焦点を当てても名作になった映画だと思います。
さて、感動冷めぬ中、紹介したいのは風俗嬢が教えてくれた基本中の基本「足コキの種類」について記載したいと思います。
タイタニックとの繋がりですが、足コキも「多角的に見れば素晴らしいいろいろなプレイができる」ということです。

◆さする
風俗嬢の足裏で、強弱を付けながら男性性器をさすることになります。体勢は男性が仰向けに寝転び、風俗嬢が、状況に応じて、立った状態でさするのと、座った状態でさするのが基本的な形だと言えます。さらには、足裏でさするときにもストッキングを履いていたり、ニーハイソックスを履いていたりとコスチュームの違いで興奮するツボが異なるというのも「足コキ(さする)」といったプレイの特徴といえると思います。

◆シゴく
風俗嬢の両足の足裏で男性性器を挟み、そこから手コキのようにシゴきます。体勢はさするときと同様に、男性側が仰向けになります。風俗嬢は、両足を使うため座った状態でのプレイとなります。足コキのシゴくバージョンでは、単純に足でシゴかられていることを楽しむだけではなく、そのプレイをしてくれている風俗嬢の体勢も楽しむのも1つだと言われています。要は、シゴいている最中、風俗嬢の足は開いている状態になるため、表現的には「股が全開に開いている」という状態なのです。この破廉恥な姿にたまらなく興奮するフェチズムをもった男性客も見えるそうです。

◆挟む上記、二つは足コキと言われるプレイの基本的な部分となります。この挟むというのは、いろいろな足の部位に挟んで擦ったりシゴいたりして楽しむことになります。経験が豊富な風俗嬢ですと、足の親指と人差し指を広げ、器用に男性性器を指の間で挟みます。一種の神業と言っても過言ではないほどです。ともあれ、その状態で強弱をつけたりと楽しむことになります。

これは吉祥寺 風俗Fスタのお店のプレイ説明から引用しましたが、基本的な足コキの種別の代表例といったところでしょうか。

 

足コキが大好きなデリヘル嬢が選んだ道

デリバリーヘルスをはじめ風俗関連で働く女性というのは、概ね「お金のため」というのが理由だと言えます。
中には、全く違う理由の方もいるかと思いますが、少数派と言えると思います。さて、その少数派の中の1つとして挙げられるのが、本当にエロいことが好きという方です。福井 風俗求人のインタビューに載っていましたが、いくらエロいことが大好きだからといって、それは、あくまで個人だけの話であって、そこにお金が発生しサービスという形でエロを提供するとは全くわけが違うと思うので、その思いは、素直に凄いなと思いました。そして、足コキが大好きだという、とある風俗嬢にお話をする機会があったのでいろいろと話を聴いてみたところ、やはりいろいろな葛藤があったようです。ですが、今はその葛藤も上手に心の整理をつけ楽しく「足コキ」を楽しんでいるようです。そのときに聞いた話も踏まえ足コキ関連の風俗事情も記載していきたいと思います。

◆足フェチ専門デリヘル
世の中には、さまざまなフェチズムがあることは周知の事実だと言えます。なので、風俗業界にも、とあるフェチズムに特化した風俗店、およびデリヘル店があっても何ら不思議ではありません。当然、このデリヘル嬢は足コキが出す好きなため、足フェチ専門のデリヘル店に入店したそうです。千葉 風俗求人15naviのお店を見てみてください。このお店は、足フェチ全般を網羅しようと日々精進しているお店でお客さんからちょっと変わったリクエストがあれば、可能な限り、デリヘル嬢と遭難しつつも応対していくというスタンスのためさまざまな足フェチの「ノウハウ」を持っているようです。

◆プロの技
当然、足コキが大好きと公言しているぐらいなので、デリヘル店のデリヘル嬢紹介文に関しても「足コキ大好き!」のような紹介となったそうです。したがって、さまざまなお客さんから問い合わせがあったらしく、注目度はなかなか高かったようです。
さらには、指名したお客さんの満足度も高く、驚異的なリピート率を誇った看板娘までに成長したというプロの技を持ったデリヘル嬢だったとのこと。

◆Sっ気が強いデリヘル嬢
特に、リピート率が高かったのはMっ気が強い男性客だったそうです。元来よりSっ気が強く、足コキとは違うプレイでも攻めて「苛めるのが好き」とのことだったので、このような結果になったのかもしれませんね。ともあれ、やはり好きな人は好きで、そこに集まるお客さんもさらに細分化されていくという、なんだかおもしろい現象も観れるた風俗・デリヘル業界のお話でした。

コメントは停止中です。